背中 ニキビ 皮膚科

背中ニキビと毛穴の関係について

背中は皮脂腺が発達しているため、毛穴に皮脂や角栓が詰まりやすく、背中ニキビが出来やすいです。
背中の毛穴のつまりをそのままにしていると背中ニキビができてしまうため、早めの対処が必要になります。
ニキビを作らせないようにするためには、角質を肥厚させないことや角栓を詰まりにくくすることです。

 

角質を肥厚させないようにするには、肌の乾燥を防ぐことと皮脂分泌に注意します。
肌が乾燥すると毛穴も硬くなり、皮脂腺から分泌される皮脂が肌表面に流れにくくなるため、中に溜まるようになります。

 

角栓の詰まりにくい背中を目指すために洗い方やボディーソープの見直しを行います。
Tゾーン部分は、丁寧に洗い常に清潔な状態を目指します。
固いボディスポンジやナイロンタオルでごしごしとこすってしまうと皮膚に負担をかけることになり、肌を傷つけることになります。

 

背中を洗う際にも洗顔の時と同じように石けんは泡立てて手のひらでパックするように洗います。
背中の角栓が気になる場合には、ボディーソープも余分な脂分や汚れを吸着し除去する働きのある天然クレイ入りに変えてみることです。

 

丁寧に背中を洗った後には、保湿と角質ケアを行います。
肌が乾ききらないうちに保湿を行います。

 

保湿をすることで、余分な皮脂の分泌を抑えることができるため、ニキビができにくくなります。

 

背中は手が届きにくいため、ミストタイプの化粧水を使うと便利です。
背中に刺激を与えないようにするために綿などの低刺激な素材でできたものを着用するようにします。